前へ
次へ

子育ては同時に親を育てる行為

子育てを経験して、初めて親の苦労がわかるとよく聞きます。
「勉強しろとうるさく言われたのも、自分を立派にしたいという理由があったのか」など、気付くこともたくさんあるでしょう。
さらに、自分が親に言われたりされたりして嫌だったことを、子どもにしてしまうこともあります。
そんなときに「親はこんな気持ちだったのか」と気づくと同時に、許せるようにもなるようです。
よく言われることですが、子どもがかわいくない親はいません。
子育ての最中になにか子どもを傷つけることがあったとしても、それはたまたま親の機嫌が悪くうっかりと八つ当たりをしてしまったり、良かれと思って行ったことです。
もし子どもの頃に親の言動で傷ついた過去があっても、自分が子育てを経験すれば「愛情は確かにあったはずだ」という確信が持てるので気持ちを入れ替えることができます。
子どもを育てると親も成長しますが、それと同時に子ども時代をやり直して癒されていく過程とも言えます。

Page Top