前へ
次へ

本と一緒の子育てをしよう

インターネットやスマートフォンが普及して子育てに便利なツールも増えました。
スマートフォンは、子どもが退屈して公共の場で騒ぐのを防いだりもする優れものです。
でも、子供は意外と本が好きなようです。
どんな動画を見ていてもスマートフォンをスワイプするのは同じ感触ですが、本はそれぞれ重みも手触りも、ページのめくり具合も異なります。
子どもは微妙なその違いを好み、楽しんでいるようです。
大人にしてみれば、軽くてなんでも見られるスマートフォンの方が子どもも楽しいだろうと感じますが、そうばかりではありません。
図書館で借りたりして新しい本の感触を感じつつ読書をすることは、子育てにおいて子どもにいい刺激を与えます。
同じ詩を繰り返し読んでそのリズムを楽しんだり、色むらのある美しい挿絵をじっくり眺めることは子どもの何かを確実に成長させます。
たくさんの本にお金をつぎ込み与える必要はありませんが、図書館などで本に触れる楽しみは教えてあげたいものです。

Page Top