前へ
次へ

自由な子育てが成功した例

最近では子どもを持たない夫婦も多く、一人っ子の家庭もたくさんあります。
そんな中、友人は3人の

more

子育てで大切なのは妥協しないことです

子育てで大事なのは、子どもの気持ちに迎合して信念を曲げてしまわないことです。
例えば、食べ物に

more

子育ては同時に親を育てる行為

子育てを経験して、初めて親の苦労がわかるとよく聞きます。
「勉強しろとうるさく言われたのも、自

more

夫婦で協力する負担の少ない笑顔の子育て

育児は始まってみるとやることが毎日たくさんで、子育てを正直なところ楽しめないママもいます。
すべてを我慢してしまうママも多いですが、楽しみや幸せを先延ばしにし過ぎると疲れますから、今に目を向けるのがストレスの緩和方法です。
今やりたいことややるべきことを見て、合間にやってみると小さな幸せを感じますし、その術はまさに今を生き抜く子供から学ぶことができます。
子供ほど大人は自由奔放にはできませんが、少しだけ彼らの自由さを真似しても罰は当たりません。
夫婦共働きが大半の現代では、出産を経てすぐに社会復帰を果たし、家計の足しになるよう収入を得る女性は多いです。
家事も子育ても女性が全てするというのは、もはや昔の話であり、現代では育児も家事も夫婦で協力し合って行う家庭が増えています。
日本では女性の仕事と今でも思い込んでいる男性はいますが、フランスでは女性の仕事ではなく夫婦で子供は育てるものというのが基本です。
スーツ姿で保育園などのお迎えも男性が行きますし、夕食の食材の買い物や食器洗いも普通に男性がしています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

可愛い半面で底なしの生命力を持つ子供を相手にするのは、親と言えどもかなりのハードワークです。
一緒に祖父母が住んでいるなら子育てに協力をしてもらうことができますし、一緒に住んでいなくてもたまには子供を預けて、大人だけの自由な時間を持つのも悪くはありません。
毎日ではおいくら孫と言えども世話をするのは大変ですが、たまになら孫の世話は喜んで引き受けてくれるはずです。
親とは違い未来までの責任を負う必要もないのが祖父母なので、かなり甘やかせてしまう時間になりますが、ごくたまになら問題はありません。
子育て中でも働きたいと考えるママはたくさんいますが、子供中心で自由に勤務できる職場は基本的にはありません。
急に熱を出したり、保育園からの呼び出しがあったりと、子供を理由に頻繁に相対や遅刻に休みを取るわけにもいかないです。
外に出て働くことである程度の収入を得ることができますが、子供のことで職場に迷惑をかけるのは胸が痛むのであれば、自宅で自由にできる仕事をすることで問題は解決をします。
簡単にできる内職であれば、家にいてささやかではあっても、収入を得ることができますし、通勤をする必要もありません。

Page Top